福岡の求人

福岡の求人

フリーペーパー等の求人広告をみると、月収例というものがあります。固定給+職務給+インセンティブ=という計算式になっており、とても魅力的に見えますが、これは当然売上ノルマを達成した場合の金額で、注視すべきは業務内容、社会保障、最低保障金額です。業務内容として高額な商品を販売しているならば、成約の難易度は高いと判断できますし、金融関連商品であれば相当な知識を必要とします。反響営業(アポイントは事前にとれている)という場合も同様で、説明だけで成約ができるわけではありません。もちろんトップセールスは大きな報酬を得ていると考えられますが、社会保障と最低保証金額(固定給)を確認し、最低金額でも生活が可能かを冷静に判断する必要があります。もちろんご自身のキャリアアップのためにセールスを経験したいという志で応募する意義は高いですが、求人広告の報酬金額だけで応募してしまうとミスマッチの可能性が高くなってしまいます。少なくとも企業研究を行った上で応募することをお勧めします。